Case study

河道・河床を安全・効率的に測量します。

治水や河川環境など河川管理を行う上で、調査(測量)、設計、施工、維持管理に向けた計画基礎となる河道の地形データはいまだに定期縦横断測量成果となるケースも多くICTを取り入れた河川モデルの構築が待たれていました。また、従来手法のボートからの河床計測は危険を伴い、精度としても風や水流などの影響を受けやすく精度の向上が課題となっていました。

Case

関連事業

#河川定期横断測量 #河川3次元管内図 #流砂系総合土砂管理 #河川モニタリング #河川伐木調査

提案

UAVグリーンレーザ×近赤外レーザによる河床計測を含む河道地形のモデリングによる河川の視える化を提案。この現場ではUAVグリーンレーザ器ASTRALite Edgeと近赤外レーザ器のYellowScan Survey ULTRA、写真同時撮影を採用しました。

 

使用機材:

河床部計測:ASTRA Lite Edge

高水敷等陸部:YellowScan Survey ULTRA

写真同時計測

 

 

 

結果

従来の深浅測量の1/20の工数で計5か所20haの河川の面的なモデルデータ、河川の樹木算定データを提供することができました。今回は面的な計測を行いましたが、従来の河川定期横断測量のように一定のラインだけの計測目的であれば更に効率的な測量が完了します。

 

 

河道データより治水上、問題となりそうな樹木高4m以上のみを抽出。グリーンレーザ器でもシステム的は陸の計測も可能ですが照射数/秒が2万点〜6万点と木々や樹木下の情報取得には心許なく、今回の現場では高水敷は照射数/秒64万点の近赤外レーザ、低水路をグリーンレーザで計測しデータ統合しました。

 

グリーンレーザで計測した河床地形の状況

 

河床の横断データ。

 

因みに弊社開発のLASエディタ(簡易点群編集ソフトウェア)なら計測データをインポートするだけで任意の位置で断面をエクスポートできます。