Case study

活用事例

  • 更に進化したSLAM LiDAR「Hovermap ST」

    迅速な対応が必要とされる災害地や橋梁などの複雑な構造物、衛星通信が届かないトンネルや室内、森林などでは従来のGNSS(GPS)を利用するドローンでは運航が困難という課題があり、近年ではGPSを必要としないSLAM技術を用いた計測に期待が集まるようになりました。2022年6月には国土地理院から「Lid
  • 河道・河床を安全・効率的に測量します。

    治水や河川環境など河川管理を行う上で、調査(測量)、設計、施工、維持管理に向けた計画基礎となる河道の地形データはいまだに定期縦横断測量成果となるケースも多くICTを取り入れた河川モデルの構築が待たれていました。また、従来手法のボートからの河床計測は危険を伴い、精度としても風や水流などの影響を受けやす
  • 事業に必要となる大縮尺数値地形図を作成します。

    現況確認や仮設計など事業に必要となる地形情報(地図)は、事業の初期段階では、現地への立ち入りが困難な場合や制限されている場合があります。UAVレーザ測量では、ほとんど現地 に立ち入る必要がなく、かつ、構造物の設計に必要 な地図情報レベル500の地形データを一括で取得することが可能です。従って、事業初
  • 森林資源の「視える化」を実現します。

    森林経営管理制度の運用支援や、適切な森林経営による林業の活性化及び土砂災害のリスク低減に森林の現況把握は必要不可欠でした。近年ではカーボンニュートラル社会に向けたCo2計測手法の一つとしても森林資源の把握は重要度を増してきています。しかし、いかにして国土の大半を占める森林を把握していくか、従来の測量
  • 災害地をUAVレーザで安全に測量します。

    地震や豪雨に伴う斜面災害現場では、従来であれば安全性が確保されていなければ、斜面崩壊箇所等に立ち入 って測量等の調査を行うことの安全管理上の問題がありました。こうした状況に対して、安全かつ高い視点から広範囲にアプローチするドローンの利活用は、早くから期待され既に多くの実績も残してきています。
  • 非GPS環境下でも精密なレーザー計測を可能にします。

    点検、測量といった多様な産業分野において多く活用されはじめているドローンやレーザ器ですが、その制御は一般的には Global Positioning System (GPS) から得られる位置・ 速度を用いて行われるため、非GPSの環境下での活用は進んでいませんでした。今回のケースでは道路測量業務に