2024/1/8

お知らせ

UAV搭載型グリーンレーザスキャナ「RIEGL VQ-840-GL」を導入しました。

当社はこの度、UAV及び小型有人機搭載型グリーン・レーザスキャナ「RIEGL社製VQ-840-GL」を導入しましたのでお知らせいたします。

 

 

RIEGL VQ-840-GLは、レーザースキャナーとIMU/GNSSがインテグレートされた水面下の地形計測を目的としたグリーンレーザースキャニングシステムです。これまでのVQ-840-Gの内部設計の見直しと超軽量素材の採用により10kg以下の軽量化を実現し、ドローンへの組み込みにさらに適したものとなっています。

また、今回の導入にあたっては計測現場での安全性や利便性を考え、別途、VQ-840-GLを搭載するドローン(国産)のカスタム化も同時に行っております。

 

 

RIEGL社製VQ-840-GL 主な仕様

  • ポイントレート(点/秒) 200,000
  • レーザー走査角 40°
  • スキャン機構 / パターン 回転スキャンミラー / 楕円
  • レーザー拡散角 6.0mrad
  • 計測精度(点群のばらつき)±2.0cm
  • 正確度±1.5cm
  • 最大測距距離 100m
  • 推奨対地高度  70m
  • リターン数 最大 15 (オンライン波形処理)
  • 測深能力(セッキ) 1.7@ 200kHz  1.8@ 100kHz  2.0@ 50kHz     2.2@5kH      2.5@0.5kHz

搭載IMU: Applanix APX-20

 

 

左から 「RIEGL VQ-840-GL」 「ASTRALite Edge」 「TDOT Green3」

 

 

当社ではこれまでも全国からのご依頼に「TDOT Green3」「ASTRALite Edge」を用いたUAVグリーンレーザ計測サービスをご提供してまいりました。

今回のRIEGL VQ-840-GLの導入により、さらに満足度の高いサービスをお客様にご提供できると思いますので、どうぞご期待ください!!