VISUAL SYSYTEMS 株式会社ビジュアル・システムズ

地理情報事業

Home > 地理情報 > ジオグローブ・プロダクツ > GeoGlobe

 航空写真測量は、いまや地形図作成に欠かせない技術として広く利用されています。 ビジュアル・システムズでは、さまざまなニーズに的確かつ迅速にお応えするために情報を構築、処理し、成果をご提供いたします。

GeoGlobeの主な機能

3D画面、コントロールパネル、ルート設定画面

3次元GIS情報を自由自在に表示3D

  • リアルタイムで空間を自由自在に移動可能。
  • 親しみやすいインターフェースにより、3次元の世界を気軽にシミュレーションできます。
  • 膨大なデータ量をストレスなく表示させるシームレス機能の採用。
  • 表示情報のみを読み込みシームレス機能により広域エリアのスムーズな描写を実現。
  • 視線移動の経路をルートとして保存することができます。
  • 保存したルートをもとに、3D動画をプレビュー再生できます。
  • 3D動画はAVI形式のムービーファイルに書き出しできます。

3D映像ファイル作成

  • 3D日本地図を、様々な緯度、経度、高度から表示することができます。
  • 3D画面を見ながら、直感的に視線移動することができます。
  • 衛星画像、オルソデータ(航空写真)のモデリングにより、リアルな立体地図画像を実現しています。
  • 表示アングルの変更をシームレスに行うことができ、瞬時の視線移動、スムーズなフライトシミュレーションが可能です。
  • 3Dコントロールパネルにより、初心者でも簡単に操作できます。

構造物、文字情報の追加・修正が可能

構造物レイヤー、構造物編集画面 座標点編集画面
  • 地図上にレイヤーを追加し、構造物、文字情報を追加することができます。
  • 追加したレイヤーおよび情報は表示/非表示の切り替えができます。
  • タブ画面上の情報タイトルをクリックするだけで、対象画面への移動、表示をダイレクトに行えます。
  • 文字情報には、URLへのリンクを作成することができます。
  • 追加した情報の経度、緯度、高さ(※1)を数値設定することにより、精度の高いGISデータを作成できます。
  • 保存したレイヤーは、他のプロジェクトファイルに読み込み可能です。
    (※1 高さは構造物のみ設定可能です。)
視線情報画面、計測画面

幅広い用途に対応するさまざまな機能

  • 3D画面上の任意の場所に対して、面積・体積・距離を計測できます。
  • 視線情報はプロジェクト内に保存でき、容易に再表示できます。
  • 表示中の3D画面は、印刷することができます。
  • 全国版モデルデータ(LANDSAT100m分解能)以外にも、さまざまな3次元GISデータを表示・編集可能です。
    (※ご要望にあわせて、当社にて3次元GISデータを作成いたします。)

強化された描画エンジン・計測機能

  • 描画エンジンを強化、更なる高速描画を実現しています。
  • レーザープロファイラデータ・DMデータ等の大容量データを3次元モデルとして描画可能。
  • 2つの異なる時系列の地形モデルの変化を着色して比較。さらに変化量の計測も可能です。
  • 断面図の作成、またテキストデータでの書き出しを実現。
  • 構造物を設置した際の堆積量計測(傾斜計測)が可能です。

製品・推奨動作環境

製品ラインナップ

  • GeoGlobe(ジョイスティック対応)
  • GeoGlobeLite(簡易ヴューワー)
  • GeoGlobe(時系列シミュレーション)
  • GeoGlobeカスタマイズ
  • GeoRe_View3D

対応OS

WindowsXP、Windows2000以降

推奨グラフィックカード

  • nVidia GeForce 2、3、4、FX Series
  • nVidia Quadro 2、4、FX Series
  • ATI RADEON 9700Pro、9600、9800Pro
  • Intel 82815G 82845G 82865G ChipSet
  • Intel 82830M ChipSet